治験業界の看護師求人

治験業界での看護師求人の特徴

治験業界での看護師求人というのは治験コーディネーター(CRC)や臨床開発モニター(CRA)など、新薬の開発に関わる仕事です。

 

臨床開発モニター(CRA)は製薬会社側のお仕事です。
モニタリング業務がもっとも重要な役割であり、プロトコル(治験実施計画)違反がないかのチェックやCRF(症例報告書)のチェック・回収、報告書の作成などを行います。

 

勤務地は製薬会社がある東京や大阪であることが多くなります。
また、全国への宿泊を伴うような出張が多く、残業時間(拘束時間)は長くなります。
応募条件としては大学卒を求められることが多く、28歳〜29歳までという条件がつくことが多いようです。

 

 

治験コーディネーター(CRC)は病院やクリニックにて支援を行う仕事です。
製薬会社にデータの報告をしたり、被験者に対して治験の目的やリスクなどの説明を行うこと、また、服薬指導、問い合わせへの対応、診察に同席したりといったことが業務となります。
やはり首都圏の求人が多いですが、治験が行われる病院によるので、地方でも可能です。
残業もありますが、月に20時間以内の人が多いようですので、子育て中の人でもやりくりできる範囲であるというのが人気の理由です。
応募用件としては、看護師の資格があれば学歴は不問であることが多く、年齢も30代後半くらいまでなら転職可能のようです。
未経験でもOKな求人が多数なので、多くの看護師資格を持った人が治験コーディネーターへ転職をしています。

 

治験業界への転職に強い看護師転職サービス

治験コーディネーターや臨床開発モニターへの転職を希望するなら、マイナビ看護師への登録がおすすめです。

 

マイナビ看護師は治験業界セミナーを開催していたりと、治験業界にかなり力を入れている看護師転職サービスです。

 

キャリアコンサルタント自身が求人先の取材を行ったりして、内部情報の把握に努めているため、紹介してくれる求人の質、コンサルタントの対応が良いという評判です。

 

マイナビ看護師の詳細・登録はこちらから